FC2ブログ

大晦日飯。

え~~~~~?!!!




昨日3~4日持たせようと思って作った豚汁がぁ~~!!
正月にラクしようと思って作った豚汁がぁ~、まだ大晦日なのに~!!
食いまくりすぎた。
DSC_3917.jpg
なんと、もうなくなる・・・・・・・
なんてこった。


同じ理由で正月ラクしようと思って作ったチャーシュー!!
DSC_3918.jpg
誰ですか?!!
鶏チャーシューが1つ消えてるじゃない!!

勝手に食われとる。



こら結局、正月も飯を作りつづけなんごたるね。
諦めました。



気を取り直し
大晦日めし、準備万端!!
DSC_3923.jpg
2018年にかんぱ~い!!



DSC_3919.jpg
鶏チャーシュー


やっぱもやし炒めが合うね~、塩コショウとチャーシュー煮汁で炒めて仕上げにごま油であえたもやし炒めにチャーシューをのせて、ネギ、紅ショウガ、からしをトッピングで完成なわけだ~!!
DSC_3925.jpg
うまいぐ~


三枚肉チャーシュー
DSC_3920.jpg
こちらも同じくもやし炒めにのせまして~っと。


う~んジューシーに仕上がってるじゃな~い
DSC_3924.jpg
うめぃぐ~



これいただきもの。
DSC_3921.jpg
鶏皮ソーメン


これ
DSC_3927.jpg
めっちゃうまいぐ~~!!
いつか再現しよう!!



最後の豚汁
DSC_3928.jpg
染み染みうめ~
けど4日持たせようと思って作った量が1日で無くなるってど~なの?



ま~え~か~
DSC_3930.jpg
って事で今年も一年
「鳥居基朋友会blog」を見ていただいて誠にありがとうございました。
来年も懲りずに虎介の私物化した当ブログをご覧いただければ幸いです。
そう、このブログは鳥居基のまつり情報のブログなんですね~、なんでこうなってんだろな~、おもしろいね~。




それでは皆様 よいお年を




年越し蕎麦
DSC_3931.jpg
ぐ~~~!!





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!





蕎麦にすりゃよかったよ、今日は大晦日じゃったね。

DSC_3912.jpg
今年最後の外ごはんですかね~
ヒライの弁当の月見うどん~。


あ~大晦日だからうどんじゃなくて蕎麦がよかったのか~。
年越しそば、しもた~。


では年明けうどんフライングってこっで
DSC_3914.jpg
明日の朝はくもりだそうで、初日の出は拝めそうになさそうです。
なので玉子を初日の出に見立てて、柏手パンパン!!
月見うどんだから太陽じゃなくて月だっつ~の!!!



うどんをお月様にくぐらせて
DSC_3916.jpg
マイルドうまいぐ~







←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


正月中あると嬉しい、虎介の3~4日は持たせたい「豚汁」レシピ~!!

うら~~~~ぃ


な~にが「トン汁」だぁ~~
気取ってんじゃね~
ぶた汁だろがぁぁ~~~~~


むか~し25年ぐらい前「ほっともっと」ではなく「ほっかほっか亭」だったころ、弁当を買いに行ったわては「「かつ重」と「ぶた汁」ください」と頼んだ。
レジのおばばが厨房にむかって「「かつ重」いっちょ~「トン汁」いっちょ~」と大声で伝える。

その瞬間心の中で
あぁ?!!
わては「ぶた汁」って言ったろぉ~、な~に「トン汁」って言い換えてんだコラ!!
他にもお客が居るってのに、その客から「あ~あの人言い換えられてるよ~ダサ~」とか思われるだろが!!!クソオババ~!!!


帰って悔しい思いをしながら「ぶた汁」をすすり、ほっかほっか亭のメニューを眺めてたら、「豚汁」のふり仮名に「ぶたじる」と書いてあった。

うらぁぁぁ~~~~!!!!
やっぱ「ぶた汁」やんけ~~クソオババが~~~~!!!!


わてがあってた

わてがあってた

わてがあってたわ~~~い!!!


そんなに「トン」って言いたいなら
「ぶたまん」「ぶた角煮」「酢ぶた」なんかを
「とんまん」「とん角煮」「酢とん」とか言いやがれってんだ!!





って事で、今回の記事は
「豚汁」と書いてあるところは「ぶたじる」とお読みいただけると幸いです。


では、虎介の「豚汁」レシピです。
誰だい?まだ「とんじる」と読んでるのは、「ぶたじる」でお願いします。



って無駄なエピソードが、無駄になが~~い!!



チャーシューと同じく、お正月ダラダラと過ごしているときに、ちょいと暖めて飯のおかずにもってこいではないでしょうか~!!
この寒い時期であれば毎日火を入れる事により、薄ら寒い常温で3~4日ぐらいは大丈夫です。
4日目なんかは味噌がコッテリしてきておいしいんですよ~。
3~4日持たせる為の注意点も書いていきま~す。



材料は3~4日食べていきたいので多目に準備してます。
DSC_3880.jpg
今、大根は安いですからね~


DSC_3882.jpg
材料の切り方は、こんな感じでサイの目切りにしてください。


ここで注意点その1!!
汁物でよくある半月切りや、いちょう切りもいいですが、今回3~4日持たせたいので、その切り方で4日間毎日煮込むと最後溶けちゃってドロドロになっちゃうんですよね。
なので、厚く大き目に切ってください。


にんじんも、大根と同じ大きさぐらいに、ごぼうは乱切りがいいかと思います。
DSC_3883.jpg
鍋に入れ、水を張ったら点火!!


一度煮こぼしていきますよ。
味がしみ込みやすくなるので、ひと手間ですが絶対やった方がいいです。
DSC_3889.jpg
グラグラ~


こんにゃくを入れましょう。
DSC_3884.jpg
こんな感じで両面に隠し包丁を入れたら、大根と同じ大きさのサイの目切りにしましょう。


こちらも灰汁抜き、臭み消し、味が染み込みやすくする為に、煮こぼしていきます。
DSC_3885.jpg
こんにゃくの臭いが野菜に移っちゃう事がありますので、別の鍋で煮こぼす方がいいと思います。


DSC_3887.jpg
こんにゃくはグラグラ2~3分ゆでてOK~、やけど注意~。


大根人参ゴボウの煮こぼし~
DSC_3891.jpg
諸事情ででっけ~ザルが無くなったので小さいザルで小分けして煮こぼしてます~。
こないだ買おうとしたら高かったんだよねザル。3,000円位だったかな?
でも、あのとき買えばよかったな~。
やけど注意~!!

DSC_3892.jpg
大根がこれくらい透き通った感じに茹でれたらOK~!!


あとはお好みの材料を。
油揚げ~。
一度熱湯にでサッと茹で油抜きをします。
DSC_3894.jpg
油抜きは面倒ですが、油抜きをしましょう。
表面に付いてる余分な油を抜くことによって味の染み込みが俄然よくなります。
切り方は短冊切りにしますが、好みで細切りでもぐ~。


シイタケ~
DSC_3895.jpg
肉厚ですね~。
大根と同じくらいの大きさに切りますかね~。


豚汁の主役!!豚肉~!!
DSC_3896.jpg
虎介流豚汁の豚肉は焼きます。
豚肉自体から脂が出るので少量のサラダ油や白絞油等で炒めましょう。
ゴマ油とかで炒めると、出来上がったときごま油の風味が美味しいはずの豚汁の味を残念にする場合があるんですね、まぁ好みの問題ですが、ごま油不使用推奨。
もちろん焼かずに生のまま野菜と共に鍋に入れて煮込み始めてもいいんですが、肉が焼けた香ばしい風味が豚汁の味に出て、とても美味しいんですよ。
やってみる価値はあるので是非お試しください!!



余談ですが~
たまに豚汁の作り方で、野菜は最初に炒めましょうとか、肉を炒めるのはNG、とか書いてある自信満々のレシピがありますが、あれはもう作る人の好みなんで、どれが正解で何が間違いってのはないです。
それぞれの作り方のいいところがあるので諸説ありますってのと一緒ですね~。
今回はあくまで、虎介流って事でご理解をおねがいいたします。
まぁ、わてのレシピはいつもそうなんですが。
ただ、なぜこの行程をやるのかってのは、ちゃんと書くつもりで~す。
行程の理由がレシピには必要だと思うんですよね~。




煮こぼした野菜こんにゃく、油抜きした油揚げ、切ったシイタケ、焼いた豚肉(炒めた時に出た脂も全部)を
DSC_3897.jpg
鍋にぶっこみましょ~。


ここで注意点その2!!
入れる材料ですが、今回の豚汁は正月の時期の3~4日は持たせたいってのがコンセプトなので、豆腐は入れないようにしましょう、痛みやすいです。
後は芋系、里芋やじゃがいもなんかは入れると最高においしいんですが入れないようにしてください、こちらも痛みやすいです。
白菜などの葉物、これは2~3日で変色してクッタクタになり溶けちゃって見た目が悪くなります。
なのでどうしても入れたい場合は、本鍋には入れずに、その日に食べる分だけ別鍋に移し、豆腐や葉物、下ゆでを施した里芋等を入れてください。


注意点を参考に好きな材料を鍋に入れ水を張りましょう。
水ではなく出汁を引いて作るともっと美味しい豚汁が出来るんですが、これでも十分に美味しい豚汁ができるし簡単ですし~、って事で、
虎介お得意の白だし!!
DSC_3898.jpg
水の分量に対して5%の白だしを入れます。


で、点火!!
DSC_3899.jpg
グラグラ煮ましょう!!
肉から出る臭みの元、灰汁を丁寧にとりましょう!!


灰汁を丁寧に取ったら味噌投入!!
DSC_3900.jpg
だし入り味噌推奨。


DSC_3901.jpg
水の分量の10%位の味噌投入!!
10%てのは味噌汁を作る時の平均の量です、濃い薄いなど好みがあるので味見をしながら調整してください。


味噌入れたら~
味噌を具材に染み込ませ~
って、うわ~お‼
沸騰しちゃってるよ~、火加減注意!!
DSC_3902.jpg
ご存知だと承知してますが、味噌を入れた後に沸騰させると、味噌の風味が飛んじゃいますので、
15分くらい沸騰させないように煮込みましょう!!!


これで完成
でもいいんですが、時間があるならさらに美味しく仕上げるために、火を消して2時間程冷まします。
これによって野菜に味噌出汁がギュ~っと染み込みますよ~。
DSC_3903.jpg
あ~でけた
豚汁の完成です!!




ネギのせて、一味ふって~
DSC_3904.jpg
うまそ~


DSC_3907.jpg
染みうまぐ~
ま~じで大成功!!



ハイボールで
DSC_3908.jpg
あうね~


いや~
DSC_3909.jpg
うめ~



ここで注意点その3!!
3~4日常温で持たせるために殺菌です、毎日火を通してください。
そうっすね~、朝に食べなくてもとりあえず朝起きたら沸騰寸前まで火を入れてください。
で、夜飯に温めて食べたりしますでしょ。
火を入れたらフタは閉めないのがベストですが、ホコリなんかが気になる方はフタ1/3ぐらい開けでお願いします。
フタを完全に閉めちゃうとやばいです。
要するに12時間に一度火を入れフタやや開けって感じでお願いします。
今の時期は寒いから常温保存で大丈夫です、春夏秋は大丈夫じゃないです。
わかってると思いますが暖房が直接当たるところにずっと放置はだめです。
気になる方は冷ましたら冷蔵庫へ。それが一番無難。
弱めの火が付いたストーブの上に乗せておく、これもグッド、ん?弱火でも煮詰まっちゃうからやめたがいいかな?
わての大鍋は冷蔵庫に入りきれんしストーブもないので12時間毎に火を入れる方法なのです。




しかしうめ~な
DSC_3910.jpg
これ、5杯目です。



6杯目~、食いすぎか?
DSC_3911.jpg
これ、4日も豚汁の量が持たないんじゃね~かな。





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


山小屋 どーゆー日なんですか!!

東バイパスの熊本インター直ぐ側のミスターマックス敷地内にあります。
DSC_3869.jpg
筑豊ラーメン「山小屋」




年末年始とダラダラして動かなくなっちゃうので、年末初っ端からカロリーを取りたくないところですな~。
DSC_3878.jpg
でも「昭和(むかし)ラーメン」うまそうですね~、平成も終わるしむかしむかしラーメンになるのでしょうな~。
これ一杯ぐらいのカロリーをとっても、この後ちょいと歩いたりすればよいじゃろ、等と相変わらずの甘い考え。
てこっで、これにしょ~。




「おまたせしました~」


えっ?!!
DSC_3870.jpg
頼んでもないのに餃子が目の前に置かれる。
粋な計らいで餃子のプレゼント。
「いや~、これから数日の事考えると、初っ端カロリー取りたくないんですよね~!!なのでいりませ~ん!!」
とは勿論言えず。
ありがたくないけどありがたい感じで
「ありゃ~~っす、いただきまぁ~~す!!もぅさいこ~!!」
と、心中真顔で感謝の言葉を無理やり笑顔で絞り出す。




山小屋特製昭和(むかし)ラーメン 800円 きました。
DSC_3873.jpg
うまそ~。
おっ!!海苔のセリフが「なんて日だ!!」だ。
そうだよっ!!カロリー取りたくないのに餃子も食べなきゃいけないなんて!!
「どーゆー日なんですか!!!」
ゆわんのかい



DSC_3874.jpg
餃子うんま~



DSC_3875.jpg
ラーメンうんま~


DSC_3876.jpg
たまんね~な~



DSC_3877.jpg
スープまで全部やっちまったよ~





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


簡単かも、チャーシューレシピ!!

今年の終わりも近づいてまいりました。


正月はゆっくり過ごしたいな~、って事でチャーシュー作っとこ~!!
超簡単チャーシューのレシピー!!!
コレを作っておけば冷蔵庫で1週間は持つのでお正月ダラダラと過ごしているときに、ちょいと暖めて酒の肴にもってこいではないでしょうか~!!


こないだ最小限の材料だけを使って、チャーシューを美味しく作れるかの実験したんですが、もう食堂とかにメニューで出とっても成立する仕上がりになったので載せます。
簡単すぎて一回作れば忘れない!!それくらい簡単レシピになってます!!!
今日は豚と鶏、両方のチャーシューを作っていきます、作り方はおんなじなんで。
作るときはどっちかだけでOKですよ~。


材 料 ・豚バラ肉(又はロースやモモ肉)・鶏モモ肉(又は胸肉) ・生姜
煮 汁 ・水 ・醤油 ・白だし ・砂糖
作り方 ・肉を焼いて煮るだけ!!かんた~ん!!


まず、
豚チャーシューの下ごしらえ。




今回、豚肉はタコ糸で結びませ~ん。
DSC_3822.jpg


何故タコ糸で結ぶのか?
意味も分からずタコ糸で結んでるレシピがネットでは多いです。


煮崩れを防ぐ為でもあるんですが、今回は最初に焼目をしっかり入れる作り方なのでタコ糸で結ばなくても煮崩れしません。

結ぶ理由としましては、お肉をギュ~と巻いたりして肉全体の厚さを均等にし、良い形に成形しつつタコ糸で縛っていくんですね、「形を整える為」これが結ぶ最大の理由です。

タコ糸を結ぶ意味が分かってない人のレシピ見ると買ってきた肉の形(厚みが均等でない形)のまんまっ縛っちゃってる写真とかあるよね。
なんのプレイか~~~~い!!
それじゃ、縛る意味ないから!!

と教えてあげましょう。

あとほかには、「肉の旨味を逃がさない為に~」とか書いてる人も結構いるからね。
よく見て~!!糸で縛っても肉ほぼむき出しですけど~~~!!!
と教えてあげましょう。


タコ糸結んでる意味なしレシピの例
↑意味なく結んじゃってます。


変なレシピはほっといてと。
丸い形にこだわる方はもっと大きい肉を準備して結んでください。
今回のお肉は小さいし焼いて煮崩れを防ぐやり方なので結びませ~ん。


まず、お肉の表面に塩をこすり付けましょう。
DSC_3823.jpg
ここで注意です!!
下味をつけている訳ではないので、塩は表面に薄く馴染む程度いいです。

何故塩を付けるかっていうと、この後焼くんですが、その時いい焼き色を付けるためです。
塩をつけると肉からアミノ酸だかが出てきて、その作用かなんかでいい焼き色が付きやすいんですね。
いい焼き色を付けるためだけに塩を擦り付けているんです。

何故、塩をこすり付けるのか、意味が分かってない感じのレシピがネットで多くてですね~。
この塩を下味と思ってるレシピが大多数です。
ホントに信じられないほど多いです。

わてが思うには、こういうレシピを発表しちゃってる人は、その人が初めてチャーシューを作るときに見たレシピで、何故塩をこすり付けるのかという理由が書いてないから勝手に「あ~、まず塩で下味をつけてるんだ」と勝手に解釈しちゃって。

だもんだから、塩だけならまだしもコショウまで擦りつけちゃったりし、アレンジして自分のオリジナルレシピとしてネットで発表。
それがどんどんネズミ講。

「味をしみこませるために10分ほど置きましょう」とか書いちゃってんの。
あのね、この後醤油とかでガンガン煮るんでしょ?
ガッツリ味付けるでしょ?
こういう場合いらないから下味は。
と教えてあげましょう。


そんなレシピはほっといて、ここでちゃんと書いておきます。
最初にお肉の表面に塩を擦り付けるのは
いい焼き色を付けるためで~~~~す!!!



全面にこすり付けたら~。
DSC_3824.jpg
全面焼いていきま~~~す。


こんくらい焼きま~す。
DSC_3826.jpg
ほらいい色になった~~。
この行程は煮崩れ防止と肉の旨味を閉じこめる為です、しっかり焼きましょ~。


焼き目を入れたら煮汁に入れましょう。
DSC_3828.jpg




つづきまして
鶏チャーシューの下ごしらえ。


まず、鶏肉の厚い部分に味が染み込みやすいように、包丁でブッスブッスと刺しますよ~。
DSC_3817.jpg


で、豚チャーシューのときのように、塩を擦り込みます。
DSC_3818.jpg
鶏肉は皮の面だけでいいです。
何度も書きますが下味では無く、良い焼き色を付ける為に擦り込むので、塩は薄く馴染む程度、少しでいいです。


鶏肉はタコ糸で形を整えたいと思います。
DSC_3820.jpg


皮の面を表にして丸めてタコ糸でグ~ルグ~ル。
DSC_3821.jpg
こんな感じ。


焼いていきます~。
DSC_3829.jpg
フライパンを揺すってコロコロと転がすとまんべんなく焼けると思います。


DSC_3830.jpg
こんなもんでOK、いやもちょっと焼き色付いた方がいいかな。


もーすこし焼いたら
DSC_3833.jpg
煮汁に入れましょう~。




煮汁の作り方。


水の分量5%の白だしを入れます。

水と白だしを合わせた分量を5として醤油を1~2入れます。
味が濃いめの方が良い場合は醤油を2でいいかと思います。
ネットのレシピは関東の濃い味付けレシピが多いんで醤油辛いんですよね~。
醤油1の分量がちょうど良いかと思いますが好みでOK。
わては煮汁を他のレシピで使いたいので2にしときます。
「どっちだよ!!」って感じっすか~?

最後に、全体の5%ぐらいの砂糖を入れて、煮汁の完成です。
隠し味を含め、仕上がりに照りがつくように砂糖入れますよ。


煮汁はこんな感じに肉が浸るくらいの量を作ってください。
DSC_3834.jpg


あればでいいですが、肉によっては臭みが強めにある場合がありますので、生姜のスライス又はネギの青いとこを適当に入れてください、人参の切れっ端でもOK。
DSC_3836.jpg
無くてもOK、しっかり灰汁をとれば多少の臭みは気にならなくなると思います。



グラグラ煮ましょう~!!
DSC_3837.jpg
灰汁が出たら丁寧にすくってください!!
肉の灰汁は臭みの元で~す。

灰汁をすくったら落としぶたをして、さらに15分から20分ですかね~。
DSC_3839.jpg
煮汁が肉の高さの1/3ぐらいになるまでガンガン煮込みます。


煮汁が肉の高さの1/3(1/2程度でもOK)ぐらいになったら火を消してほったらかし。
DSC_3840.jpg
冷めていくにつれ、味が染みこんでいく事でしょ~。
次の日位が美味そうですよ~。
もっと置いても美味そうですよ~。
もちろんすぐ食べても美味しいでしょう~。


て事で、簡単チャーシューを作るレシピでした。
簡単でおいしいチャーシューを作りたいと、興味を持たれた方はお試しください。



なんだかんだ言って、てめ~が作ってんのはチャーシューじゃなくて、焼き豚(又は煮豚)だよ!!
なんて細かいこと言って来る方もおられそうですが、そこらへんの細かい事情は理解してま~す。
わかってますわかってま~す
これ日式チャーシューです!!
こー言えばよかっだろ。





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


記事が前後しちゃってるけど、このチャーシューを作ったあと、高野理事とのお好み焼きの仕込みで大忙しでしたわ!!


虎介の、お好み焼きのレシピ。

今日は高野理事が「うちでお好み焼きしよ~」ってことになったので、わてが準備することにしました~。

今月は大阪に行って食べてきました。
まぁ、美味しかったのですが、わてのお好み焼きのレシピになんの影響もなく、普段作ってるやりかたで進めます~。


材料こんな感じ。
お好み焼き粉は市販ので十分です。
めんどくさいことはなるべく省きましょう。
大阪の家庭で、「小麦粉に出汁入れて~」ってやってる家庭はほぼ無いです。
当たり前のように市販のを買ってきます、マジです。
DSC_3842.jpg
お好み焼きの粉ですが、虎介流お好み焼きでは必ず「山芋粉入り」のを買いましょう。
でメーカーは
「日清」以外のメーカーがお勧めです。


な~んかですね~、日清の粉で焼くと、生地がパンみたいになっちゃうんですね。
ふんわりの種類が違うんですよね~。
デリバリーピザの「これピザっていうよりピザパンじゃね~か~!!」みたいに「これお好み焼きパンだろ~!!」って感じなんです。
今は改良されてるかもしれませんが、20年前ぐらいに何度もその仕打ちをくらった記憶があるので日清のお好み焼き粉はいまだに使ってません。
今回は「オーマイ」のかつお昆布風味を使います。


そんなこんなで、粉を後ろ書きの通りに、卵、水などで溶いたら
長芋。
粉にやまいも粉が入ってるので、入れなくてもいいんですが、今日は振る舞いなのでチョイと入れます。
入れるとさらにフワッとお好み焼きの厚さが出るんですね~。
DSC_3843.jpg
長芋なんであんまり入れすぎると、仕上がりがベチャっとなります。
分量としては生地5に対して長芋1~2ぐらいで仕上がりがふんわりになる量です。
あんまり入れるとふんわり仕上がらなくなっちゃいます。
よく「山芋たっぷりお好み焼き」てなレシピで、ちゃんと山芋を使えばいいんですが、勘違いして長芋をガンガン擦っちゃってるレシピがありますが、ありゃベチャベチャユルユルで長芋の味強すぎでウマくないと思いますよ。


DSC_3844.jpg
こんな感じでOK。


DSC_3845.jpg
こんにゃくを7ミリ位のサイコロ状に切ります。


DSC_3846.jpg
下ゆで~。


DSC_3847.jpg
煮こぼしま~す。


DSC_3848.jpg
生地にぶち込みま~す。
こんにゃくのくにゅっとした食感がアクセントになりいいですよ~。
わての周りでは「こんにゃく入れるの?」とビックリされますが、関西では結構ベーシックな材料なのです。
下ゆでがめんどくさいですが是非入れてください。


絶対必要キャベツ投入~
DSC_3849.jpg
1センチ角ぐらいの荒微塵切りです~。
千切りでもいいですが、ザクザクとした食感で食べたいので、いつもこうします。
今日はキャベツ半玉ぶち込みました。
4分の3位でもよかったかも。


DSC_3850.jpg
ネギ。


DSC_3851.jpg
山盛り。


DSC_3852.jpg
干し桜えびでもいいですが、今日は干しオキアミ。


山盛り投入。
DSC_3853.jpg
冷凍のイカとエビも入れてます、こちらは好きなだけ、高いもんね~、入れんでもいいです。


天かす
DSC_3854.jpg
こちらも山盛り。
天かすは絶対入れましょう!!
お好み焼きの旨みが大増量!!
あと、焼いているときに、天かすの周りは生地の温度が上がるので、しっかりふんわりと焼く効果もあります。
入れるのと入れないのでは、仕上がりが全く違います。
今回お好み焼き粉400g(8枚分)を全部使って作ってます。
この量に1袋120gの天かす全部ぶっこんでま~す、惜しみなく使いましょ~。


とにかく何でもてんこ盛りです。
DSC_3855.jpg
こぼさないようにまぜ~!!
ちょっとベースの生地が多いかな?
やっぱも少しキャベツいれよかな~?
まぁこんな感じで
あとは焼くだけよコレ!!!



あ~と、マヨネーズ。
お好み焼きのマヨネーズはさらっとしてて薄めの味がいいですよ。
お店のなんかもそうでっしゃろ?
DSC_3856.jpg
キューピーなんかの味が濃いのをかけちゃうと、マヨネーズの味が強すぎて、お好み焼きの味がぼやけちゃいますので。
なのでマヨはこんな感じで仕上げましょう~。
って言うか作り方は簡単!!


市販のマヨネーズとヨーグルトを混ぜるだけ!!
DSC_3857.jpg
マヨネーズ5か6に対してヨーグルト1でOK。
ヨーグルトを上の分量より多くしちゃうとほぼヨーグルト味になるので注意です!!
少量で十分にサラサラに、ヨーグルトのほのかな酸味がちょうどいいです。
作ったら先っちょが細いディスペンサーに入れましょう。
写真はキューピーのマヨネーズ210とみどりのプレーンヨーグルト。
ま、マヨネーズもプレーンヨーグルトも、銘柄は何でもいいと思います。
混ぜるのめんどくせ~って方は、キューピー以外の味の素やセブンイレブンなんかの味が濃くないマヨネーズが良いと思われます。




で、高野理事家に到着~。
DSC_3858.jpg
青髭野郎(通称福田副会長)もおられました。


ではさっそく、厨房をお借りして焼いていきま~す。
DSC_3864.jpg
火力は最初から最後まで中火の弱で、生地を流し込んだら上に豚バラをのせて7分焼いていきますよ~。


ひっくり返して、肉がのってた面を焼きます、同じく7分。
DSC_3866.jpg
お口には麦とホップ、何分でも~。


DSC_3860.jpg
時間がかかるので、高野理事が作った棒棒鶏。


自家製のごまダレだそうですよ~。
DSC_3861.jpg
ぐ~



片面7分。
ひっくり返して肉の面を7分。
さらにひっくり返して最初の焼いた面に豚バラから出た油をしみこませる感じで1分。
合計15分で焼き上がりです。
焼いているときは絶対にお好み焼きをヘラで押さえないでください。
つぶれます、ふわっと分厚くなりません。


おたふくソースをケチらずタップリかけて。
ヨーグルトで溶いたマヨネーズをサササーってやって。
花かつおのせて~。
DSC_3863
ふっくら厚いお好み焼き
完成~!!うまそ~!!
実は買ってた青のりを忘れて来てもーたので、やや完璧お好み焼きの完成。



まぁ食べなはれ!!!



高野理事家にウジャウジャいた野球クラブの少年軍団
DSC_3865.jpg
ガツガツ食う。


どーだ?うまかろ~が!!


少年軍団「御馳走様でした~おいしかったです!!」

わて「ありゃ~す!!またおこしくださいませ~!!」
どこに?


さ~
DSC_3867.jpg
あなた方も食いなはれや。


ど~っすか?うまいでしょ?


DSC_3868.jpg
「こらマズか~」


こん青髭やつぁ~!!!
そんでなんかそん頭



絶対うまいです、是非お試し希望!!





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!



またここかい!!

ま~た「大黒屋」でおじゃります。





では
DSC_3796.jpg
恒例の「メニュ」いってみましょう~




DSC_3797.jpg
じゃますんない!!



今日はカツ丼ではなく、ちょいと違うメニューを、うどん付です。
DSC_3800.jpg
鶏からあげ定食 780円


いただきみゃ~す
DSC_3802.jpg
サクッうまぐ~
コリャうめ~



からあげ3個残して
DSC_3804
ごはん食べきってもーた


定食はうどん一玉か、ごはん一杯お変わりサービスなので
DSC_3803.jpg
ごはんおかわ~り


う~ん
DSC3806.jpg
うまいね~



あ~そうそう、うどんも食べなきゃ~
DSC_3801.jpg
柔らかうどんがうまいぐ~



DSC_3807.jpg
ごちそうさまでした~
ぼりゅ~み~


これから定食を全制覇していきましょう。
からあげべりぐ~





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


朋友役員会 ノーメモリー祭り

お~出来てる出来てる!!
完成してます!!
DSC_3737.jpg
NEWぐれぇすに到着。
初めて中に入りますよ~。


今日は朋友役員会です。
わては役員ではないのですが、ブログのネタの為に参加します。
ま、役員会と言うより「ぐれぇす」オープンのお祝いです。
今日はとりあえずの仮オープンですが。
開始時間が夕方からとしか決まってないので、19時頃に到着しましたが、役員の皆様はほとんどお集まりのようです。
DSC_3738.jpg
おじゃましまーす!!
まえよか広~い!!


DSC_3739.jpg
先日ブリバのママ様からいただきました日本酒、ありがとうございまーす‼
のし付けて持ってまいりました。



DSC_3742.jpg
よく見ると加藤神社の宮司も来ておられます、こりゃめでたい!!


出ました、ぐれぇす盛り合わせ~
DSC_3745.jpg
うまいおかずは茶色が基本!!
ほぼ茶色で酒がうまそう!!


五反さんが殺した魚たち盛り合わせ~
DSC_3744.jpg
うまい刺身は鮮度が大事!!
五反さんとこの生簀から出して直ぐ殺したやつなので鮮度抜群!!



DSC_3748.jpg
仮店舗にて調理を終えた店主の本田副会長が登場!!


DSC_3747.jpg
NEWぐれぇすでも健在

DSC_3749.jpg
恒例のセルフサーバー。



みなさまだいぶ飲んでますが、改めて乾杯。
DSC_3751.jpg
加藤神社宮司のありがたいご挨拶。
内容覚えてない。


DSC_3753.jpg
カン

DSC_3754.jpg
パ~

DSC_3755.jpg

なんか低い低~い!!笑




お花
DSC_3756.jpg
素敵なやつ。


鳥居基ではお馴染みの酒、山形の「庄内誉」
DSC_3758.jpg
うまいです。


タコ刺と
DSC_3759.jpg
べりぐ~



わてが持ってきました「花垣ひやおろし」
DSC_3760.jpg
辛口、うまいです。


肉だんごで
DSC_3761.jpg
さらにべりぐ~



もひとつありました「賀茂鶴 超特撰特等酒」
DSC_3762.jpg
うまいね~


追加のイカタコ
DSC_3763.jpg
さ~いこ~です!!



と、しこたま日本酒を飲んでると、だんだん記憶が薄くなっていきますよ~。
写真を見直してもあんまり思い出さないっす~。


う~ん。
椅子に立ってなんばしよんなはったんだろかね?
DSC_3765.jpg
いみふめー


ピースの似合わん
DSC_3774.jpg
二種類のピース、てかチョキ。


う~ん
DSC_3766.jpg
加治屋会長も椅子に立とうとしとらすね。


立っとらすですね。
DSC_3767.jpg
なんば話しよらしたとだろかね。
スミマセン覚えてないです。


なんで泣きよらすとだろか。
DSC_3770.jpg
加治屋さんの言葉に感動しなはったんだろか?
スミマセン覚えてないです。


誰だっけ?
DSC_3772.jpg
スミマセン覚えてないです。


新しい厨房で
DSC_3775.jpg
さっそくやらかす!!


それを笑って見てる人。
DSC_3776.jpg
これも覚えてないです。


ジョッキの山
DSC_3777.jpg
新店舗初洗い物~。


で、帰りま~す。
記憶は薄いですが
ホント最高、ごちそうさまでした~
DSC_3779.jpg
すごい動き!!






で、今日の昼に、この日の写真を見てたら
全体的に記憶がうすいんですが、その中に
全く記憶にない写真が多数!!


まぁね、どういう道を通って帰ってきたのかも覚えてないんですが。
DSC_3780.jpg
なんか食いもんを買ってるようです。


ぶれぶれですね。
DSC_3781.jpg
わて、無意識でもブログの為にとせっせと写真を撮ってるんですね。
こわ~ぃ


DSC_3783.jpg
なんだか、肉をご飯の上に乗せてる瞬間を撮りたいようです。


DSC_3782.jpg
このようなカットが5、6枚。
この写真をどう使おうと思ったんだろ、わては?


お肉乗りました~
DSC_3784.jpg
あほくせ~笑


ふむふむ
一味をぶっかけて~。
DSC_3785.jpg
記憶がないから、自分で見て新鮮。


「いただきま~す」
DSC_3786.jpg
って言ってたんだろな、たぶん。


「もう一枚撮っとこ~」
DSC_3788.jpg
って思ったんだろな、たぶん。
どっちもピンボケだがね。


どういう思いでご飯だけを撮ったのかしら?
DSC_3789.jpg
普段ならこんなの撮らない(笑)


最後の写真。
何を思ったか、ごみ箱から包装フイルム取り出してラベルを撮ってる。
DSC_3790.jpg
不思議行動をとってます。



飲みすぎアカンッ!!!
NEW「ぐれぇす」2019年1月5日オープン!!
記憶の自信がないから、小さく書いときます、スミマセン。



12月29日追伸‼!
先程、高野理事に聞いたら、ぐれぇすの新店舗のオープンは1月7日でした~‼!
あぶね~( ゚Д゚)b
飲み過ぎアカン‼!




←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


少なくとも8羽分!! クリスマスは食らえ、ニワトリ‼

じんぐっべーじんぐっべー♪

クリスマスに向けて

それはそれはもう、ニワトリさんは殺されまくりです!!!


クリスマスのニワトリさんは何故か特別美味しく感じます。
クリスマスの日には、どこの家庭でもニワトリさん料理は欠かせないのです!!
DSC_3716.jpg
ですよね・・・・・そうでもないかい?


塩からあげ~、
もも肉3枚使ったから、
1皿にニワトリさん1.5羽分~。
DSC_3723.jpg
マヨ付けて~
ケッコ~うみゃ~ぐ~



ス~パ~ドラ~イ
DSC_3719.jpg
ケッコ~うみゃ~ぐ~



砂肝の唐揚げ~
8個入ってたので、
1皿にニワトリさん8羽分~。
DSC_3718.jpg



ちょいマヨ付けて~
DSC_3721.jpg
コケッコ~うみゃ~ぐ~



クリスマスはピザだね~
DSC_3724.jpg
もちろんクリスマスでなくてもピザはうまいね~


白ワインもあります~。
甘いワイン。
DSC_3725.jpg
「安心院ワイン 新酒 ナイアガラ」
いただきものです、ありがとうございま~す。


あら?ワイングラスなかったっけ?
あ~、熊本地震で割れてそのまま買ってなかったね~。


ふと、家族のか~さんを見ると。
あんたワインを何で飲んでんのそれ!!
DSC_3728.jpg
そりゃ日本酒気分ですか~?


わてもしょうがないので
DSC_3729.jpg
普通のグラスでワイン。
ワインの見た目が味気ね~笑
ワイングラス買っとかなきゃね。


甘いワインを、唐揚げと~
DSC_3730.jpg
ばっちり、うまいコケコッコ~



ケーキもありますぞ、なんせクリスマスなので~。
DSC_3735.jpg
毎年、合志市須屋の「大盛堂」のケーキです。
うまいぐ~



じんぐっべ~じんぐっべ~じんぐっお~だうぇ~♪
ニワトリさん、今日もうまいぐ~でしたよ。





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!

ここにカツ丼は~~、無いのかぁ。「わらじや」でうど~ん。

裏の「鮮ど市場」にはよく来るんですが、
表のコチラには初めて来ましたよ
DSC_3709.jpg
「わらじや」



DSC_3711.jpg
はじめて来たうどん屋さんでは、必ず「ごぼう天うどん」を食べることにしてます。
カツ丼があるときは、次の来店の時にするか、又はどっちも頼む。
おめ~の注文の事なんかどーでもエエわって感じでしょうが~。
てか、ここはカツ丼はなかった。


DSC_3713.jpg
「ごぼう天うどん」 470円



DSC_3714.jpg
ごぼうは3ミリ程の厚さで切ってあります。
それにしても太く立派なごぼうですな。
ほんで歯ごたえがエエわ、このごぼう!!
うまい!!



包丁切りの断面がいいね~。
いただきま~す。
DSC_3715.jpg
お~モチモチ
モチモチうまいね~。

ややコシもありますね~。
コシの有り無しは入店のタイミングによって違うでしょうが。
今回は注文して15分強待ったので、切り立て&茹でたてではなかろうかとおもいます。
出汁もうま~い!!


いや~、また良いうどん屋さん見つけたわ!!








←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!


プロフィール

虎介

Author:虎介
熊本市の加藤神社 鳥居基の朋友會に関する日記やお知らせ。
前管理人の桃男に変わり新管理人虎介でございます。
桃男氏の時のようにあまり祭に関係ないブログでござんす。
ご了承下さい。
朋友会ホームページへはこちらをクリック

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク