FC2ブログ

「牡丹鍋(猪鍋) 味噌味」を作って食う。

昨日のイノシシ肉が余ってるから
今日も「牡丹鍋」食うよ~!!!!

2日連続~。

でも、今日は「牡丹鍋の」定番の味、味噌味で作りますよ。
昨日は醤油味だったけんですね~。

しかし、2日連続「鍋」なんて献立の手抜きもエエとこですわな~アハハ~。


では、さっさと作りましょう。
「牡丹鍋 味噌味」の作り方~。
まぁ、ほぼ昨日とおんなじなんですがね。

まずはスープですね。
DSC_9271.jpg
分量は、出汁5:酒1:本みりん1、こいつに20%の味噌、おろし生姜とおろしニンニク各1片、ニンニクはお好みで入れても入れんでも。
結構味噌が多めでしょ、でもこれがおいしいのですよ、もっと味噌を入れる作り方もあるんですよ。
そうそう、味噌の半分は赤みそを加えた方がコクがあっていいんですが、ないのでいつものマルコメだし入り合わせ味噌だけでつくってます、赤味噌ば買っときゃよかった。

スープがグラグラ沸いたところで
DSC_9272.jpg
肉をいれましょ~。
順番も昨日とおんなじ、先に肉ね、これポイント。
イノシシの肉は煮込むほどに柔らかくなりますんでね、肉が先。

DSC_9273.jpg
あらかた入れたら、再沸騰するまで・・・・・・昨日は見つめて時を過ごしましたが
今日は餃子でも焼きましょ~。
DSC_9274.jpg
パッケージがやたらサッパリしました「弐ノ弐」の冷凍餃子。

あ~っと沸いた沸いた!!
DSC_9275.jpg
灰汁が出てくるのでしっかりすくいま~す。

灰汁をすくったら、
お次は野菜や豆腐や好きなもんぶち込みましょ~。
DSC_9276.jpg
あとは煮込んで完成です。
昨日とほぼ同じでかんたんっしょ。


DSC_9278.jpg
できた~!!!
ん~、もうちょいだね。

とかやってると忘れちゃいそうだよ!!
DSC_9279.jpg
餃子が焼けたよ餃子が~!!!
う~~~ん、鍋の世話しながら焼きよったけん、いまいちな焼き色バイねクソ~。

ま、ええか
いただきま~す。
DSC_9283.jpg
ってオメ~「ラー油」の量が無茶苦茶だな!!!
って感じっすか~?
いや、これがうまいんよ。
舟津副会長もこんな感じの分量で食うんよ。
いや、舟津副会長はラー油をベースに酢醤油2~3滴だったか。
舟津副会長のが良いかどうかはわからんですが、ラー油多めもうまいんよ。
DSC_9285.jpg
うまいぐ~!!!


アララッ、そうこうしてる間に
やっちまったよ~
ネギがクタクタになってしも~とる~。
DSC_9286.jpg
ちょいと下のほうの具材をほじくり返して見栄えをよ~して
今日はニンジンがないから見栄えがいまいち。
かんせ~い味噌味~!!


いただきも~す、イノシシ~!!
DSC_9287.jpg
こってり味噌で
うま~い!!
う~ん、イノシシうまいね。

昨日も書きましたが、「牡丹鍋」にゴボウを入れるの忘れちゃだめですよ。
DSC_9288.jpg
うまいね~。

DSC_9290.jpg
一味もバンバン振りかけて、って豚汁みたいだな。
うまいよっ!!

DSC_9291.jpg
今日の〆はうどん。


今日は「牡丹鍋 味噌味」の作り方でした~。
だからイノシシ肉なんて普通ないから参考にはならんっつ~の~。






←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!

「牡丹鍋(猪鍋) 醤油味」を作って食う。

正月に大分で貰ったイノシシ肉でござ~ますよ~い!!
DSC_9247.jpg
結構な量ですぞ。

DSC_9249.jpg
う~ん、毛付。


今日はこいつで鍋、「牡丹鍋」ですよ。

「牡丹鍋」といえば味噌味が一般的なんですが、
今日は醤油味にしますよ。

なんで味噌味が一般的かというと、イノシシ肉の臭みけしで味噌味にするみたいですよ。
でもイノシシ肉って豚肉より少し硬めな若干の野性味あふれる味ってぐらいで、臭みなんてほぼないんですよ。
「獣クセー」とか言ってる人は、よほど鮮度が悪い肉か、へたくそが解体した肉なんだと思いますよ。


では、さっさと作りましょう。
「牡丹鍋 醤油味」の作り方~。

まずはスープですね。
DSC_9251.jpg
分量は、出汁に本みりんと醤油を少々と、そいつの量の1%の塩入れて、おろし生姜1片。
わかりにくいね?
え~と、たとえば出汁1リットルだとすると本みりんと醤油の分量は各大さじ2ですね、その量に対して1%の塩、あとおろし生姜。
こんな感じ、簡単でしょ。

ま、わての味付けじゃなくてもインターネットにゃいろんなレシピがあるんで好きなのを参考にしてちょ~だいませ。

スープがグラグラ沸いたところで
DSC_9253.jpg
肉をいれましょ~。
先に肉ね、これポイント。
イノシシの肉は煮込むほどに柔らかくなりますんでね、肉が先。

DSC_9254.jpg
あらかた入れたら、再沸騰するまで見つめましょう。

DSC_9257.jpg
沸騰が始まると、灰汁が出てくるのでしっかりすくいま~す。

灰汁をすくったら、
お次は野菜や豆腐や好きなもんぶち込みましょ~。
DSC_9258.jpg
あとは煮込んで完成です。
かんたんしょ。


DSC_9259.jpg
できた~!!!
ん~、もうちょいかな?


も少し煮込んだら
いただきも~す、イノシシ~!!
DSC_9261.jpg
さっぱり醤油で
うま~い!!
う~ん、イノシシうまいね。

あと「牡丹鍋」には必ずゴボウを入れましょう。
DSC_9264.jpg
ゴボウを入れなきゃ「牡丹鍋」にならんと言うくらい、イノシシ肉との相性がバッチリなんでござ~ますよ。

DSC_9262.jpg
ベリグ~!!

DSC_9265.jpg
〆は雑炊。
まだ土鍋が新しいかんね~、なるべく目止めしなきゃね~。


「牡丹鍋 醤油味」の作り方でした~。
イノシシ肉なんて普通ないけん参考にはならんでしょうが~。
DSC_9267.jpg
うんま~い





←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!

簡単でうまい「生姜焼き丼」簡単でうまい。

昼め~し!!
今日も時間がないからサッと済ませますよ~。

昨日で期限切れの豚コマが大量にあるので
「生姜焼き」作りま~す。
てかウチの冷蔵庫、賞味期限切れ頻繁に出るね~。
頼むよ~。

「生姜焼き」もいろんなレシピがありますが、急いでんときにすぐできる方法で作りますよ。
わての場合は、急いでなくても普段からこの作り方しかしませんがね。


豚コマ
好きなだけ~、いや、食べられるしこ~。
DSC_8767.jpg
しっかり火を通します~

豚肉に火が通ったら
DSC_8773.jpg
タマネギ
好きなだけ~、いや、食べられるしこ~、いや、全体のバランスみて適量~。

タマネギにすこ~し火が通ったら味付~
DSC_8774.jpg
本みりんと醤油を同割り、材料が3分の1程度浸かるぐらいにジャージャーいれれば
タレオッケ~、簡単です!!
醤油入れると強火じゃ焦げやすいんで、中火でフツフツと。

「生姜焼き」っつ~位なので生姜入れますよ。
DSC_8775_201912251142489e1.jpg
まず1片の半分擦り下ろしますよ。
擦りおろし入れましたら~
DSC_8776.jpg
全体にタレを絡ませます。

絡ませたら、豚肉だけ取り出しましょ~。
ココ、うまく作るためのポイントですね~。
DSC_8777_20191225114600bcc.jpg
あんまり火を通しすぎると、肉は固くなっちゃうんでですね~。
それと今日は食器洗う手間を簡単にするために「生姜焼き丼」にしますよ。
白飯の上にいろどりが良いように水菜を散りばめたりしちゃってます。
その上に豚肉をのっけ~。

フライパンに戻りますよ。
DSC_8779_201912251146022d6.jpg
ここからちょいと手早くいきましょう。
タレにややトロミが出るまで煮詰めていきますよ。
中火から強火の間で焦がさないようにフライパンを回しながら。

豚肉に片栗や薄力粉をまぶしてタレにトロミを付ける作り方もありますが、
急いでるときは
いちいち面倒クサイんでですね~
結局トロミが出れば最終的には同じ事なんで、この方法が手早くていいと思いますよ。

泡が大きくブクブクと、タレが煮詰まって緩やかなトロミが付きましたら火を弱め
残り半分の生姜をすりおろしましょう、追い生姜。
DSC_8780_20191225115327208.jpg
後から入れると生姜の風味がとてもいいですよ。
ですが、お好みなので入れなくてもいいですよ。

生姜を擦り入れましたらタレをタマネギと共にどんぶりへ。
DSC_8781.jpg
トロ~っと、生姜の香りがええな~

ウ~~ン
DSC_8784.jpg
タマネギ入れすぎたなコリャ。
彩りの水菜が見えなくなっちたよ、ま、ええわ。

仕上げに、煎りゴマふりかけ、マヨにゅっと出して一味かけたりして。
DSC_8785_20191225150927c5c.jpg
「生姜焼き丼」かんせ~

いただきま~す。
DSC_8786.jpg
やっぱ多いなタマネギ、
うん、うまい!!

タマネギの下から引っ張り出しましたよ
DSC_8788.jpg
肉ウメ~
やらかいやらかい。
しかも追い生姜の風味がさいこ~よコレ。
甘めのタレがトロリと絡んでベリグ~

DSC_8789_201912251514576ac.jpg
タレだくでごはんもグ~

マヨはお好みで、わては結構なんでもマヨ掛けちゃうんであしからず。
DSC_8791_20191225151459e78.jpg
豚肉、タマネギを炒め、醤油と本みりんと生姜だけで完成の、覚えるのも簡単な「生姜焼き」の作り方でした~。






←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!

「鶏レバー焼き」のレシピ

嫌いな人が多いですよな~「鶏レバー」
DSC_7667.jpg
でもホントはうまくて安いんよ。


本日の記事は
鶏レバーが嫌いな人は食えないレシピのご紹介ですわ。
食えないんか~い!!
嫌いな人はどうやったって嫌いでしょうからすすめませんよ~。



「鶏レバー焼き」の作り方
良い焼き鳥屋さんで出てくるようなフワトロな鶏レバーの作り方でございます。
下処理なしでも臭みなしの簡単レシピなのよ。


DSC_7668.jpg
鍋にレバーが浸るくらいのを入れ、あとをジャバッと入れましたら沸騰するまで火にかけましょう。
酒が臭みをとるワンポイントよ。

沸騰するまでの間、水で適当にレバーを洗います。
DSC_7669.jpg
適当でいいですよ。
なんとなく汚れを取る感じで。

DSC_7670.jpg
鍋が沸騰したら、洗ったレバーをぶち込みましょう~。
パックに入ってたまんまです、なんもかんも切ってません。

再沸騰しそうになるまでしばし待ちますよ。
DSC_7671.jpg
再沸騰しそうになったら火を止めましょう。
沸騰すんとレバーの臭みが出てきちゃうんですね~、ふしぎ~。
アホみたいに塩もみ洗いしたり牛乳に浸したり等の下処理をしても、レバーをお湯でグツグツ煮ちゃうとレバーの臭みが出てきちゃうんですね~、ふしぎ~。
なので沸騰厳禁!!
沸騰させないのが臭みを出させないワンポイントよ。


もうね、ここの状態でレバーの臭みはクリアですよ。
でもレバー嫌いな敏感な人はダメですがね。
ダメなんか~い!!
DSC_7673.jpg
火を止めたら「風呂でも入ってくんか~」って感じで放置しますよ。
このときにレバーに火が通っていきますよ。
ゆっくり低温で火を通すことにより、フワトロなレバーに仕上がります。


風呂に入ってきま~す。




ただいま~


約15分ほったらかしたですよ~。
DSC_7674.jpg
煮たお湯が真っ赤ですが、使わないので気にしないでよいよい。

DSC_7675.jpg
ザルにあげて湯切りしますよ。

食べやすい大きさに切ります。
多少火が通ってない場合でもこの後少し焼きますんで気にせんでええです。
DSC_7676.jpg
断面がピンク色なら火が通っておりますのよ。

心臓は真っ二つに切ります。
DSC_7677.jpg
血合いがあったら取ります。
あったらでいいです、見えたらでいいです、気になったらでいいです。

こんな感じに切りますよ。
DSC_7678.jpg
そうそう、大ぶりに切ったほうがいいです。
この後焼くんで、小さく切っちゃうと固くなっちゃうんですよね~。

フライパンにごま油、ないなら普通の油でもOK。
DSC_7679.jpg
焼きますよ~。

茹でで、火は通っているので
強火でサッと焼き色がつけばOK!!
DSC_7680.jpg
焼きすぎっと結局固くなっちゃいますよ。

味付けは「ダイショー味塩こしょう」最強調味料。
全体の量の1%ふりかけ~。
DSC_7681.jpg
塩コショウじゃなくお好みで焼き鳥のたれでからめちゃってもいいですね~。

DSC_7682.jpg
出来たよ~!!!
ブラックペッパーをガリガリとまぶしております。


いただきま~す。
DSC_7687.jpg
フ~ワッフワでしっとり!!
完璧うま~い!!
臭みぜんぜんなし。
最近の売ってある鶏レバーは新鮮なのがほとんどですからね~、下処理なんかしなくても臭みなしだね。
まぁなるべくプリッとしてツヤッとしてるのを選びましょう。

DSC_7688.jpg
ぺりぐ~!!

DSC_7689.jpg
家族のガキんちょも大好きですよ~!!
白飯とでバクバク食います(笑)






←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!

毎度お馴染み「冷奴ワカメ」の作り方。

このブログで作る晩御飯メニューでよく出てくる
「冷奴ワカメ」の作り方~!!


って
豆腐にワカメ乗せてるだけだろ~!!
って感じっすか~?

まぁそうなんですが。

でも実はいつも一工夫やっておりまして、それが有るのと無いのじゃえれ~違いの出来になります。

わての周りの人たちは一工夫を知らない人が多かったんで、この一工夫は珍しいのかな?
なのでそれを今回紹介したいと思いま~す。

はじまりはじまり~

まず、ワカメ。
DSC_6917.jpg
うちのは塩蔵ワカメですが、乾燥ワカメでもなんでもお好みで。

DSC_6918_20190909150413c5f.jpg
水に浸しまして塩抜き。

のボールをキッチンペーパーにくるんだりしております豆腐の上に置きまして
DSC_6919_201909091504277e5.jpg
水切り。
このひと手間絶対必要ですね~。
食感が全然違いますよ。

DSC_6920_201909091504164fe.jpg
水切りが終わりましたらこん位でもどん位でもいいんで、好きな大きさに切ります。
切りたくない人は切らんでもいいと思います、お好みで。

DSC_6923.jpg
ワカメを乗せまして、あればゴマでもふりまして~。

でコレ。
コレが最初に書いた一工夫。

DSC_6922_20190909151851963.jpg
ごま油
これをかけすぎない程度に回しかけます。
すると、ただでさえ酒の肴に打って付けな冷奴が更に打って付けなのです!!

後はお好きな薬味を乗せます。
かつお節やネギやトロロやしらすやオクラや納豆なんかもベリーグッド。
DSC_6924_20190909152137198.jpg
あとは醤油をぶっかけて
かんせ~い!!


ごま油のおかげでうまさ倍増です!!
DSC_6933.jpg
うまいぎゅ~ん!!
やってみてみて~。

でも、わての周りが知らんだけで結構普通の食べ方だったりして。
「誰でもしっとるわ!!」って言われたり~。







←わての更新モチベーションアップにつながるクリックを是非!!
下の拍手をクリックでも可!!

プロフィール

虎介

Author:虎介
熊本市の加藤神社 鳥居基の朋友會に関する日記やお知らせ。
前管理人の桃男に変わり新管理人虎介でございます。
桃男氏の時のようにあまり祭に関係ないブログでござんす。
ご了承下さい。
朋友会ホームページへはこちらをクリック

カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク